『朝倉の米 三連水車』の売上より、2017年10月から2018年9月までの募金額62万8,740円をあさくら三連水車保存会に寄贈いたしました。さらに、58万5,730円を、JA筑前あさくら様を通して九州北部豪雨で被災された米生産者の方へ寄贈いたしました。ご協力をいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。

 

福岡県朝倉市にある菱野の三連水車は、約220年前から変わらぬ姿で農地を潤してきました。
しかし、その維持のための負担は重く存続が危ぶまれている中、三連水車を後世に残すため、「あさくら三連水車保存会」が発足し、募金活動などが行われています。

当社は長年、JA筑前あさくら様と協力し、地場産地米『朝倉の米 三連水車』(ひのひかり・夢つくし)を販売してまいりました。そこで、今年の1月より、『朝倉の米 三連水車』の売上金の一部を「あさくら三連水車保存会」の募金活動に協力させていただいております。

今後も、「あさくら三連水車保存募金」について多くの方々に知っていただくために活動を続けてまいりたいと思います。皆様方のご協力をお願いいたします。

■ご報告 「あさくら三連水車保存」募金の金額について

『朝倉の米 三連水車』(ひのひかり・夢つくし)の5kg商品の売上より、2017年10月から2018年9月までの募金額62万8740円をあさくら三連水車保存会に寄贈いたしました。さらに、58万5730円を、JA筑前あさくら様を通して九州北部豪雨で被災された米生産者の方へ寄贈いたしました。この『朝倉の米 三連水車』の商品をお買い求めいただいたお客様・消費者の方々に心より感謝申し上げます。

現在、あらためて10月より1袋あたり20円を積み立てております。
今後も、あさくら三連水車保存会と被災された米生産者の方へ1袋あたり20円を寄付いたします。
1日も早い朝倉の復興を願っております。

【寄贈金額累計】

2016年 1月~2016年 9月    402,320円
2016年10月~2017年 9月    366,310円
2017年10月~2018年 9月 1,214,470円

〇2018年
10月  26,870円

累計        26,870円 (2018年10月31日現在)