社長メッセージ

「お客様視点でお役に立ち、期待に応える」会社へ

日頃は、当社事業の推進に多大なるご理解とご支援をいただきまして、感謝申し上げます。
日本経済はGDPの成長が戦後最長を更新するなど堅調に推移する一方で、人手不足が顕著となり企業経営にも影響を与えるようになっています。また「アメリカファースト」を掲げる米国トランプ大統領の出現は、世界経済の動向に不透明感をもたらしています。このように、事業を取り巻く環境、マーケットの変化はますます複雑化しております。

当社は1877年(明治10)、曽祖父、森光惣七が米穀問屋森光惣七商店を創業して以来、「企業は変化することによってのみ発展する」という認識のもと、絶え間ない企業変革を繰り返してきました。その中で、今日まで、社訓「人を泣かすな 朝日より夕日を拝め」を基本とし、「人材こそ資産」という信念を守り通しながら事業を推進し、多くのお客様に信用をいただいています。

昨年10月に経営基本方針「お客様視点でお役に立ち、期待に応える」を掲げて第10次三ヶ年経営計画を策定し、この10月から、同経営計画2年目の第66期をスタートさせました。当社を取り巻く事業環境は日々変化していますが、その変化を乗り越えるべく、お客様の立場で物事を考え、現場に行って、見て、変化を感じ取り、知恵と行動力を活かすこと。そして、お客様の課題を解決して、さらにお役に立つことが当社の使命と考え、全社員一丸となって取組んでまいります。
森光商店にご期待下さい。

 

 

令和元年10月1日

株式会社森光商店
取締役社長