株式会社 森光商店ロゴ

米穀問屋の創業から130年余―。私たちは前進します。

株式会社 森光商店

お客様と共に「価値」を創る。森光だからできる「コト」を創りたい。森光だからできる「モノ」を創りたい。価値共創店お客様の「価値」をともに創る商店へ

MORIMITSUの事業

米穀事業部 食料事業部 ペットライフ事業部

 

10月1日、第9次三ヶ年経営計画2年度となる第63期がスタートしました!「お客様視点に立った価値をステークホルダーと共に創る」行動原則は、事実確認し、問題解決しよう。現場に行く、現物を見る、現実を確認する。「お客様視点での価値にフォーカスして行動する」ことを実践し、ステークホルダーの皆様の力もお借りして、真にお客様のお役に立てるよう力を尽くします。

 

健康食卓

穀物屋

TOPICS

  • 2017年 新春・社長MESSAGE
    実りの年「酉年」。全社一丸となって、お客様視点に立った価値をステークホルダーの皆様と共に創ってまいります。

    謹賀新年 2017 MORIMITSU 「お客様視点に立った価値をステークホルダーと共に創る」

    新年明けましておめでとうございます。
    本年が皆様方にとりまして輝かしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

    昨年10月1日、弊社は第9次三ヶ年経営計画の2年度となる第63期がスタートしました。
    振り返りますと、1877年(明治10)の創業以来、社訓「人を泣かすな 朝日より夕日を拝め」を基本とし、「人材こそ資産」という信念を守り通しながら事業に取り組んでまいりました。
    お陰さまで、多くのお客様に信用をいただいております。
    今年は「酉年」。酉の字は酒を醸す器の象形文字で、収穫した作物から酒を抽出する状態を表すため、「実る」「成る」の意味があります。全員が率先してお客様視点で考え、動き、ステークホルダーの皆様の力もお借りして「実る」年にし、真にお客様のお役に立てるよう力を尽くしてまいります。
    今年も、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

    2017年1月吉日

    株式会社森光商店
    取締役社長 森光 栄一

  • 2016年1月より、当社は「あさくら三連水車保存会」とタイアップし、『朝倉の米 三連水車(ひのひかり・夢つくし)』の売上金の一部を募金活動に協力しております。

    あさくら三連水車保存募金ポスター

    福岡県朝倉市にある菱野の三連水車は、約220年前から変わらぬ姿で農地を潤してきました。
    しかし、その維持のための負担は重く存続が危ぶまれている中、三連水車を後世に残すため、「あさくら三連水車保存会」が発足し、募金活動などが行われています。

    当社は長年、JA筑前あさくら様と協力し、地場産地米『朝倉の米 三連水車』(ひのひかり・夢つくし)を販売してまいりました。そこで、今年の1月より、『朝倉の米 三連水車』の売上金の一部を「あさくら三連水車保存会」の募金活動に協力させていただいております。

    今後も、「あさくら三連水車保存募金」について多くの方々に知っていただくために活動を続けてまいりたいと思います。皆様方のご協力をお願いいたします。

    ■ご報告 「あさくら三連水車保存」募金の金額について
    『朝倉の米 三連水車』(ひのひかり・夢つくし)の5kg商品の売上より、2016年1月から9月までの募金額40万2320円をあさくら三連水車保存会に寄贈いたしました。
    現在、あらためて10月より1袋あたり10円を積み立てております。

    10月41,220円
    11月53,060円
    12月17,230円
    累計111,510円 (2017年1月6日現在)